監視する防犯

監視用カメラ

カメラ

防犯カメラは銀行や証券会社などの金融機関、コンビニ、パチンコなどの店舗、デパートやスーパー、書籍を取り扱う店舗など様々な場所への設置がされています。
デパートやスーパー、コンビニでは店舗内のみではなく駐車場での防犯カメラ設置が見受けられます。
多くのアイテムを販売する店舗やお金を扱う店舗では防犯目的や監視目的で防犯カメラが設置されています。
駐車場の場合、防犯という目的ではなくトラブルに対する監視目的となるでしょう。
駐車場内で起こった事故や盗難は店舗に責任がなく、ドライバー同士の責任で解決しなければいけません。
ではなぜ、駐車場に防犯カメラの設置が行われるのかと言えば、駐車場が敷地内であれば、場内でのトラブルのすべてが店舗や施設に関わってくるからです。
例えば、駐車場で病気やけがで負傷している人がいないか、何らかの犯罪が行われていないか、駐車場施設の破壊行為、夜間の侵入、駐車のみで施設利用をしないなど、監視目的は様々です。
これらの施設の防犯カメラが周辺で発生した事故や事件の証拠を録画していることもあり、周辺社会へ貢献していることもあります。
とくに駐車場の場合、高い場所での設置となるため、高角度で防犯性が高まる監視が出来ます。
また、駐車場には複数の防犯カメラが設置してあることが多く、死角が少ないことから高い防犯性となります。
駐車中の当て逃げによる被害も防犯カメラに録画されていれば、当て逃げ車両の特定ができます。

いろいろな機能

駐車場

いろいろなところで防犯カメラの普及が著しくなっていますが、駐車場の設置も増加しています。
駐車場はイタズラや車上荒らしの危険性があり、何も対策を行っていなければ泣き寝入りしてしまう可能性もあります。
駐車場での犯罪行為を特定するためには、防犯カメラの設置が有効的です。
防犯カメラは証拠が残せるばかりか、その存在だけで犯罪の抑止力にもなるのです。
自宅の駐車場や駐車場経営の場合でも、安全上の対策にとても適しています。
このような防犯カメラは、画像の性能がアップしたものであれば、犯人の服装や顔までもがはっきりと映し出されます。
それが犯人特定につながるきっかけにもなるので、画素数の高い防犯カメラは人気があります。
また、夜間に対応した防犯カメラは、赤外線の機能から薄暗い映像を明るくはっきりと映し出してくれます。
赤外線機能のない防犯カメラは、夜間の映像はとても見づらくなってしまいます。
しかし、こうした機能を持つことで、夜間に集中するような駐車場での犯罪を鮮明に証拠として残してくれます。
まさに、24時間体制で特定に至る機能を持ち合わせてくれるのです。
最近は、簡単に設置できるタイプの防犯カメラが増えてきました。
精密な機械は業者による設置作業が欠かせませんでしたが、一般の人でも無理なく設置できるタイプであれば気軽に利用できます。
簡単に設置できるタイプは主に家庭用として扱われており、本格的な防犯対策を自分たちで行うことができるのです。
小規模な範囲ですぐに対策に取り組んでいきたい場合には、複雑すぎないタイプを利用してみるのもいいでしょう。

保証期間や録画時間も確認

防犯カメラ

駐車場に設置する防犯カメラは、耐用年数が6年となっています。
6年経過すると確実に故障するというわけではありませんが、そのリスクは高くなります。
ビルトインガレージなど、屋根や壁に囲まれた駐車場の場合、雨風の影響を受けにくいため、防犯カメラは比較的長持ちしやすいと言えます。
しかし屋根などがない駐車場では、防犯カメラは天候や気温の影響から、6年以内に故障することもあるのです。
故障すると、センサーが反応しにくくなり、ライトの点灯や録画がスムーズに行われなくなります。
そしてこれによりその駐車場や車は、泥棒に狙われる可能性が高くなります。
そのため防犯カメラは、5年を目安として交換することが肝心とされています。
防犯カメラには多くの場合、5年前後のメーカー保証がついているので、その期間が終わった時も、交換に適したタイミングと言えます。
ただし24時間フルに録画している場合、3年ほどで映像にノイズが入りやすくなります。
また断続的に録画していた場合でも、録画時間のトータルが3万時間をオーバーすると、やはりトラブルが発生しやすくなるのです。
そのため交換のタイミングを、録画時間から決めるという人も少なくありません。
もちろん交換ではなく、修理をすることも可能となっています。
しかし古い機種の場合、生産終了となっていて、故障している部品を交換できないことがあります。
また故障の度合によっては修理費の方が高くつくので、そのことからも多くの人が交換を選択しています。

設置する理由

ガードマン

防犯カメラを設置するのが適している場所として駐車場があります。駐車場では犯罪や事故が発生するリスクの高い場所であり、防犯カメラを設置することによって犯罪の抑止や、事故が発生した場合の証拠データとして利用することができます。

もっと読む

防犯を強化するため

車

自宅の駐車場のセキュリティを強化するため防犯カメラを設置する人が増えています。防犯カメラを設置するメリットは、24時間監視録画しているので物的証拠となること、抑止効果があること、スマホでも確認できること等です。

もっと読む

監視する防犯

カメラ

防犯カメラは様々な施設に設置されています。施設のみではなく駐車場に設置していることも多く、防犯性を高めるための監視目的もあります。駐車場を含める敷地内で起こる様々なトラブルに対処するのが防犯カメラの役割なのです。

もっと読む