住宅と自家用車を守るため

センサーライトや録画機能

防犯カメラ

日本の戸建て住宅では多くの場合、自家用車にスムーズに乗ることができるようにと、玄関の付近に駐車場があります。
また、ビルトインガレージという、1階の一部が駐車場となった戸建て住宅も増えてきています。
そのことから近年では、多くの人が玄関や駐車場の屋根に防犯カメラを設置しています。
そうすることで、玄関と駐車場の両方で、泥棒を牽制できるようになるからです。
中には、センサーライトつきの防犯カメラもあります。
これを設置した場合は、夜間に泥棒が近づいた時にセンサーが反応し、自動的にライトが点灯し、防犯カメラが作動します。
暗闇の中で突然ライトが光るわけですから、泥棒は高確率で驚いて逃げていきます。
もちろん家主が自家用車を出し入れする際には、足元や手元が明るく照らされるので、センサーライトつきの防犯カメラは安全運転のためにも役立ちます。
さらに、四六時中作動しているわけではないので、省エネができる点からも注目されているのです。
また防犯カメラで撮影された映像は、屋内のパソコンではもちろん、スマートフォンなどの端末でもリアルタイムで確認できます。
そのため泥棒が近寄ってきた場合には、外出先でもそれに気づくことが可能ですし、警察を呼ぶなど迅速に対応できます。
録画機能がついていることもあり、その場合は映像を細かく調べることで、犯人を特定しやすくなります。
このように防犯カメラは高性能なので、大事な住宅と自家用車とを守るために重宝されています。

明かりと電源供給が重要

警備員

犯罪被害や迷惑行為を防ぐには防犯カメラの設置が効果的です。
駐車場などを経営している場合は車の盗難やイタズラを防止するためにも、防犯カメラの設置は必要です。
駐車場などのような屋外に防犯カメラを設置する場合は防水機能が前提条件になります。
雨や雪の日でも作動してくれないと、防犯効果がなくなります。
そのためには業者の選び方が重要になります。
例えば駐車場に防犯カメラを設置する場合、ケーブルが重要な働きをします。
風や雨や太陽光などによって劣化しにくいケーブルを使う必要があります。
同軸ケーブルなどを塩ビ管などで保護してくれる業者を選ぶようにします。
また駐車場に防犯カメラを設置する場合、夜間の明るさを考慮することが大事です。
周囲に街灯などがない場合は赤外線やデイナイト機能のある防犯カメラを設置することになります。
事前に駐車場の周囲の明るさなどの環境調査をしておくことです。
防犯カメラは設置してあることを示すだけでも防犯効果があります。
そのため目立つような設置の仕方をすることも必要です。
ただカメラを破壊されたりする可能性もあるので、その場合は目立たないデイナイト機能のついたカメラの方が有利です。
作業実績のある業者を選べば、どちらの設置法がよいかを判断してくれます。
自宅と駐車場が近接している場合は問題ありませんが、離れている場合は電源を供給する方法についても考えておきます。
近くにコンセントがない時は電源延長ケーブルなどが必要になります。

撮影範囲にこだわる

駐車場

自宅の駐車場の監視も、防犯カメラを設置すれば難なく出来るようになります。
防犯カメラを取り付ける時に必要になるのが、撮影範囲へのこだわりです。
1台の防犯カメラで撮影出来る範囲は、大よそ決まっています。
従って、色々な場所の監視を希望する場合は、何台か防犯カメラを設置して対応するのが現実的な選択となってきます。
侵入者の足取りは、防犯対策をする際に意外に見落としがちな部分と言えます。
侵入者の顔の識別と同じくらい大切になるのが、侵入経路です。
従って、防犯カメラを取り付ける時は、住居や駐車場までの足取りを追跡出来るような、設置方法を考えることが必要です。
家や駐車場の位置関係に合わせて、防犯カメラを選んでいきます。
光が届きにくい駐車場や車庫での犯行やいたずらを防ぎたい場合は、ライト付きの防犯カメラを選ぶと抑止に繋がります。
人感センサーで反応するライト付きなら、侵入者を警戒させることが出来、防犯カメラの威力を最大限に活用することが出来ます。
駐車場は、夜間は人気がなくなる場所だけに、防犯対策にも本気で取り組む必要があります。
実際に撮影を行っていても、満足のいく画像が入手出来ないとかなり残念なことになります。
防犯カメラのタイプなどから死角を把握して侵入する犯罪者も居るため、カメラの選び方、設置の仕方にはこだわるのがベストです。
安全を守るための防犯カメラの設置法は、しかるべき方法を踏まえて行うように心がけます。

設置する理由

ガードマン

防犯カメラを設置するのが適している場所として駐車場があります。駐車場では犯罪や事故が発生するリスクの高い場所であり、防犯カメラを設置することによって犯罪の抑止や、事故が発生した場合の証拠データとして利用することができます。

もっと読む

防犯を強化するため

車

自宅の駐車場のセキュリティを強化するため防犯カメラを設置する人が増えています。防犯カメラを設置するメリットは、24時間監視録画しているので物的証拠となること、抑止効果があること、スマホでも確認できること等です。

もっと読む

監視する防犯

カメラ

防犯カメラは様々な施設に設置されています。施設のみではなく駐車場に設置していることも多く、防犯性を高めるための監視目的もあります。駐車場を含める敷地内で起こる様々なトラブルに対処するのが防犯カメラの役割なのです。

もっと読む